ウニ町diaryページ4 of 北海道天売高等学校

北海道天売高等学校 定時制普通科

校長通信 ウニ町diary

ページ4☆オープンスクール、生活体験発表、天売うにまつりそして夏休みへ

 7月16日(土)、17日(日)は、絶好の晴天のもとオープンスクールを実施しました。島内、札幌市、道外から4名の中学生と、5名の保護者の計9名が参加してくれました。島内の見学や実際にウニ缶実習を体験し、帰りの際には自分たちで作ったウニ缶をお土産に渡しました。最後に書いてもらったアンケートには、天売高校に興味を持ったとの感想や、進路選択の参考にしますとの声がありました。天売島のことや天売高校に対して好印象を持ってもらえたとしたら嬉しく思います。閉会式の挨拶で「天売島は厳しい冬の季節もありますが、島民の天売高校へ寄せてくれる温かな思いや支援は一年中変わることはありません。」と伝えました。ありのままの天売高校を知ってもらえたオープンスクールであったと思います。
 天売高校を紹介する5分程度に収めた映像をホームページにアップしましたので、ぜひともご覧ください。

 7月21日(木)は生活体験発表の校内選考会がありました。天売小中学校の鈴木校長先生にも審査員として参加していただきました。自分の進むべき道を自分なりに分析して深く見つめる発表や、島外から天売高校に入学するまでの経験と天売島での高校生活を頑張っていくという強い決意を述べた発表等、5名の生徒全員が自分の言葉で自分の思いを述べていました。緊張しながらも恥ずかしがらずに一生懸命に発表している姿に感動しました。
 天売高校から2名の生徒が9月21日に岩見沢市で開催される支部大会に参加することが決まりました。ぜひとも応援に行きたいと思います。

 7月23日(土)、24日(日)は「天売島うにまつり」が久しぶりの晴天のもとに開催されました。私たち天売高校教員9名は、天売小中学校の教職員の皆さんと一緒に2日間お手伝いとして協力しました。天売島自慢のキタムラサキウニや甘エビ、ホタテ、イカを買い求めるお客さんが、フェリーが到着するたびに行列を作りました。道外から楽しみにして来島した方や毎年来ているという方もおり、「天売島うにまつり」は大いに盛り上がりました。私もウニを自宅で割って食べましたが、生ウニのとろける感触には感動しました。手作りウニ丼はそれはそれは贅沢な美味しさでした。やはり天売島のウニは絶品です。
 新任教員当時の教え子が家族連れで来島し、久しぶりに再会できたのも嬉しかったです。皆しっかりした親の顔をしていました。あらためて時間の経過を実感したところです。

 天売高校に赴任して約4ヶ月が経過しました。7月25日(月)の夏休みを前にした全校集会では、島外から入学した1年生を取材に新聞社が来校しました。ここまで多くのマスコミの方々が取材で来校しましたが、生徒たちは実に落ち着いて浮つくことなくここまで生活しています。私たちは5名の生徒全員が仕事と学校生活を両立しながら休むことなく夏休みを迎えることができたことを喜んでいます。久しぶりに自宅に帰省する者もいるため、下校する彼らを見送るときに「夏休み明けには元気に戻ってくるんだよ。」と声をかけました。

IMG_0872.JPGオープンスクール①IMG_0959.JPGオープンスクール②IMG_0976.JPGオープンスクール③IMG_1179.JPG生活体験発表校内選考会①IMG_1172.JPG生活体験発表校内選考会②