学校教育目標 of 北海道天売高等学校

北海道天売高等学校 定時制普通科

学校教育目標

社会や地域の期待に応え、天売でしかできない教育の実践と将来を担う人を育む。

1 重点目標

 (1)自己の人格を磨き、学習に励みながら勤労を尊ぶ態度を育成する。
 (2)基本的な生活習慣を確立し、豊かな社会性・人間性を涵養する。
 (3)自己の能力を最大限に発揮・伸長し、望ましい生き方、在り方を探求する。
 (4)他者を思いやり、進んで奉仕活動に携わる精神を涵養する。
 (5)自己の健康と安全を確立する態度を育成する。

2 経営方針

 (1)教職員一人一人の力を結集し、組織的で協働意欲にあふれた学校づくりに努める。
 (2)学校評価等による学校課題の明確化や研修活動の充実により、教育の質の向上に努める。
 (3)生涯学習の観点に立ち、個に応じた指導を充実し、学力向上のため組織的な取組みに努める。
 (4)地域・家庭・学校との連携を深め、地域人材等の活用を図って魅力ある教育活動を推進する。
 (5)社会の形成者としての資質を養い、望ましい勤労観、職業観を育成する。
 (6)人間尊重の精神と生命に関する畏敬の念を育て、社会奉仕精神の涵養に努める。

3 教育課程編成の方針

 (1)生きる力を育むことを目指し、創意工夫を生かした特色ある教育活動を展開する。
 (2)個性や能力の伸長に向けた教育活動を推進する。
 (3)多様な進路に対応した教育の実践と評価・評定の工夫に努める。
 (4)地域の教育力を有効に活用し、職業教育や体験実習などを積極的に推進する。
 (5)修業年限の弾力化に沿った効果的な教育課程を編成する。

4 指導上の重点事項

 学習指導

 (1)学習内容の精選に努め、基礎的・基本的な内容の確実な定着を図る。 
 (2)体験的な学習を推進し、生徒の実態に即した学習指導に努める。
 (3)地域の教育力を積極的に活用した授業の展開に努める。
 (4)生徒の意欲や自主性を喚起する魅力的な授業を構築するため、研修や授業評価を活用して
    指導方法の工夫と改善に努める。

 生徒指導

 (1)小規模校の特性を生かして生徒理解に努め、個性や長所の伸長を図る。
 (2)全教職員が共通理解を持ち、地域住民・関係機関・家庭との連携を深め、生徒の健全育成
    に努める。
 (3)特別活動を通してリーダーシップを育成し、豊かな人間性や社会性の涵養に努める。
 (4)卒業までを見越した継続性のある指導を通して、生徒の自主自立精神を養う。

 進路指導

 (1)地域の期待や家庭の要望を踏まえ、生徒の個性や能力に応じた望ましい人生観・職業観の
    育成に努める。
 (2)保護者との相互理解を図り、生徒の進路実現に向けて継続的な指導に努める。
 (3)迅速な情報・資料の収集を行い、個別指導と進路相談の充実を図る。
 (4)ホームルーム担任、教科担任との連携をもとに、生徒の適性・能力を伸ばす計画的・
    組織的な進路指導の充実を図る。

 健康・安全指導

 (1)体育的行事や防災訓練などを通じ、自己の健康と安全に対する意識の啓発に努める。
 (2)校内外の環境美化を通じて、施設設備を大切にする心の育成に努める。
 (3)勤労体験学習・ボランティア体験活動などを通じ、社会奉仕の精神を養う。
 (4)学校・家庭・職場・地域社会との連携を密にした交通安全指導に努める。