ウニ町diaryページ2 of 北海道天売高等学校

北海道天売高等学校 定時制普通科

校長通信 ウニ町diary

ページ2☆イチローの偉業に思う

 6月8日(水)に天売学「天売の観光Ⅱ」の授業で生徒と共に観光船に乗船し、海から天売島を一周しました。名城大学農学部の新妻靖章教授による海鳥の説明を聞きながら、双眼鏡で海鳥を追いかけました。可愛らしいケイマフリやオロロン鳥と呼ばれるウミガラスが海面を低く飛んでいる姿を見ることができました。流木のように見えていたのはアザラシでした。やはり天売島は貴重な海鳥の楽園であることを実感しました。
 また、先日は初めてウトウのナイトウォッチングに出かけました。天売島に来たならば、一度は見ておくべき壮大な光景でした。約80万羽のウトウが繁殖する場所として天売島は世界一であるという説明にも納得しました。
 知れば知るほど天売島が国内外からも注目されている島であることを私も島外からの生徒も実感しているところです。まだまだ知らないことがたくさんあるように思います。

 6月17日(金)は小樽市で開催される定通体連バドミントン全道大会に参加する3名の出発式がフェリーターミナルで行われました。支部大会の時は全教員で応援に行きましたが、この度は島のお祭りと日程が重なり、応援に行くグループと島のお祭りを手伝うグループに分かれました。管内一重いと言われる伝統ある御輿を担ぐ方に残った先生方の表情がやや寂しげに見えたのは気のせいでしょうか?(笑)
 島民運動会の時もそうでしたが、地域の大切な行事の時は島民総出で参加します。私たち天売高校の生徒も教職員も例外ではありません。漁業関係者も終日休業となります。(このことを「沖止め」と呼びます。)地域の学校を実感する一場面です。

 イチロー選手がピートローズ選手の持っているメジャー記録である4256安打を日米通算で超えました。イチロー選手のコメントで一番印象に残った言葉があります。「僕は子どもの頃から人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負がある」 という言葉です。小学生の時に、毎日バッティングセンター通いをしているのを見て近所の人が「あいつプロ野球選手にでもなるのか」といつも笑われたそうです。アメリカに行ったときも「首位打者になってみたい」と言ったら笑われたそうです。しかしイチロー選手はそれらを実現させました。常に人に笑われてきた歴史、悔しい歴史がイチロー選手の中にあって、これからもそれを達成していきたいと話していました。
 このことを教育現場に置き換えて考えてみたときに、子どもの可能性を大人の価値観だけで判断したり、決めつけたりすることの危うさや愚かさを強く思いました。
 指導者と呼ばれる人間は、子どもたちの持っている無限の可能性や長所を引き出すことが大切であり、やる気を失わせたり、否定したりすることで子どもたちの可能性の芽を摘むことではないということです。
 イチロー選手の生き方は魅力的で学ぶことが多く、ますます応援したくなります。 

IMG_1267.JPG天売学「観光Ⅱ」①DSC_0340.JPG天売学「観光Ⅱ」②IMG_9841.JPG天売学「観光Ⅱ」③IMG_0314.JPG全道大会 泉谷君IMG_0341.JPG全道大会 野上君IMG_0268.JPG全道大会 三浦さん祭典御輿担ぎ.jpg祭典御輿担ぎ96958A9E81818A99E7E2E0E4E38DE3E2E2E4E0E2E3E4E2E2E2E2E2E2-DSXMZO0345595010062016US0001-PN1-2.jpgイチロー4256安打

ウニ町diary
上田智史校長のコラム